なぜ、腸をきれいにするとカラダ全体に良い影響があるの?

スポンサーリンク

ちまたでは、「腸をきれいにするとカラダ全体に良い影響がある」ともてはやされ、腸活なんていう言葉も流行っていますね。

腸というと、だいたい、大腸と小腸でほとんどですが、このひとつ、ふたつの臓器をきれいにすると、どうしてカラダ全体に影響するのでしょうか。

ポイントは表面積

私たち人間のカラダの表面積をご存じですか。

外側と内側で見てみましょう。

外側の表面積

外側、つまり、空気に触れている部分の表面積は、だいたい畳1枚分くらいと言われています。1.62m²くらいですね。もちろん、身長が高かったり、太っていたりすればもっと多くなるのでしょうが、だいたいそれくらいってことで覚えておいて下さい。

よく、寒い地方などへ行くと、熊の皮をはいで飾ってあったりしますが、あんなのを見ていると、人間の場合1畳分くらいだというのも違和感ないですね、はい。

内側の表面積

では、内側の表面積はどうでしょうか。

内側というのは、口から肛門まで続く内臓部分の表面積です。

内臓部分の表面積のほとんどを占めるのが、大腸と小腸です

あとは胃とか食道なので、大したことはありません。

で、肝心の大腸と小腸の表面積ですが、最新の研究では約30m²くらいと言われています。

畳で言えばだいたい20枚分弱といったところでしょうか。

かつては、テニスコート1面分(約200m²)などと言われていましたが、30m²としても外側の表面積の20倍もあるんです。

参考

腸の総面積はテニスコートなみに“超広い”?!

数十年ぶりに腸の面積が変わった!

これは、小腸にごく小さな突起(絨毛)がたくさんあるためなんですが、表面積で考えると、私たちのカラダは、腸が主役ということなんです。

主役の調子が良ければ

カラダのことだけではなく、どんなところでも、主役の調子が良ければ、全体の調子は良くなります。

サッカーなら中心となる選手の調子が良ければチーム全体が活性化しますし、映画なら主役の演技がきまっていれば映画全体がしまります。

逆に、主役の調子が悪いと、全体が悪くなります。

私たちのカラダの主役は腸です。

腸の調子を良くすれば、カラダ全体が良くなるというのはそういうことなんです。