明治 ブルガリアのむヨーグルト のご紹介

スポンサーリンク

ヨーグルトと言えば、腸に良いモノの代名詞となっていますが、今回は、その中でも、明治の「ブルガリアのむヨーグルト」をご紹介します。

「明治 ブルガリア ヨーグルト~♪」で有名なブルガリアヨーグルトの飲む用です。

明治のむブルガリアヨーグルト

ブルガリアのむヨーグルトに入っている乳酸菌LB81

ブルガリアのむヨーグルトには、LB81という乳酸菌が入っています。

LB81は、腸内の悪玉菌を減少させ善玉菌を増加させることで、腸内環境を改善することが確認されている乳酸菌です。

最近では、明治とパスツール研究所の共同研究により、2つの新しい働きが確認されています。

LB81の新しい働き① 腸管バリア機能を高める

様々なストレスなどで腸の機能が低下すると、腸管のバリア機能を支える様成分が減少するため、腸管バリアの働きが低下して、細胞・病原菌や有害物質などの攻撃を受けやすくなります。

LB81は、腸の防御機能であるバリア機能を高める重要な物質「抗菌ペプチド」の発現を高めることが確認されています。これにより、健康な腸機能を維持することが期待されます。

LB81の新しい働き② 腸内の免疫細胞に働きかける

LB81は、腸内の免疫細胞にも働きかけていることが確認されています。

LB81の新たな働きとして、腸内細菌叢(腸内フローラ)だけでなく、腸の内側にいる免疫細胞にも働きかけていることが示されました。

LB81の働きで免疫細胞の恒常性がうまく保たれることで、様々な健康への働きが期待されます。

ブルガリアのむヨーグルトを飲むと

ヨーグルトやヨーグルトに含まれる乳酸菌は、意外と個人個人との相性があるようで、同じものを摂取しても効く人、効かない人に分かれるようです。

私の場合、ブルガリアのむヨーグルトを飲むと、なぜか5時間後くらいから「臭くない」オナラがたくさん出るようになります。

そして、次の日のお通じは良くなるので、腸には良い影響を与えているようです。

みなさんも試してみてはいかがでしょうか。