腸の健康状態を知ろう

スポンサーリンク

みなさんの腸は健康ですか。自信を持って健康と言える人は、それほど多くないのではないでしょうか。

というのも、人間のほかの内臓器官と同じで、お腹の中にあって見えないので、健康かどうか、きちんと働いているかどうかが、分かりませんよね。

ですから、腸の健康状態を示す体のシグナルを見逃さずにキャッチすることが大事です。

健康な腸

健康な腸ってどんな状態なんでしょうか。

これは当たり前のことですが、腸が健康であれば、これといったシグナルはありません。

あえて言えば、苦労せずに便が出ていれば、腸は健康な状態と思っていいでしょう。

腸の健康状態はどこに出る?

上にちょっと書きましたが、腸の健康状態は、お尻から排泄させる物に最もあらわれてきます。

あとは、意外なところで、お肌の状態にもあらわれたりすることがあります。

便やおなら

小腸、大腸と続いた腸は、最後は直腸から肛門につながっています。

口から食道、胃を通った食べ物は、何mものある腸を通過して肛門から排泄されます。ですから、出てきた便が、腸の状態を虚実に反映しています。

いつもと違う感じがしたら、腸で何らかの異常が起こっているかもしれません。

例えば、いつもよりも柔らかい場合。これは、大腸で水分の吸収がうまくいっていない可能性があります。

逆に、いつもよりも硬い場合。これは、大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱まっている可能性があります。

あとは、便の内容物にもシグナルがあらわれます。食べた物の形が残っているような場合、小腸での消化がうまくいっていない可能性があります。

また、便と一緒に出るおならも、いつもよりも臭いがきついなどの変化があらわれることがあります。

便に血がついている

ときおり、血のついた便がでてしまうことがあります。多くの方はとても驚くのではないでしょうか。

ただし、血のつき方によってはあまり心配はいらないかもしれません。

便の表面に赤い血がついている場合は、痔の可能性が高いです。ついたばかりなので赤いのです。

血が便全体に混じっているような場合は、腸での出血が疑われますので、要注意です。

その他の分泌物

肛門から便以外の分泌物が排泄された場合も、腸の変化をあらわすシグナルです。

大腸では、便を蠕動運動で押し流す際に、腸液という液体を分泌していますが、炎症などが原因で腸液が過剰に分泌されて肛門から出る場合があります。

腸液は、下痢とも違い、透明から白に近い色をしていて、ドロっとして粘りがあります。

お肌の状態

肛門から出る物以外にも、腸の状態があらわれる場所があります。なぜか、顔周辺の肌の状態と腸の状態は密接にリンクしているようです。

腸の調子が良くないときには、肌荒れやにきびなどがあらわれることがあります。また、肌の水分量や油分のバランスが崩れて、ベタベタになったりカサカサなったりもします。

腸の状態を改善したら、肌の状態も良くなったということをよく聞きますね。

免疫不全

人間のカラダの中で、免疫に関係する機能の7割以上が腸とその周辺にあると言われています。

なので、腸の状態が良くないと免疫不全の状態になり、風邪をひきやすいとか、疲れやすいといった、何となく体調が悪い、という状態になる可能性があります。

腸の変化を見逃さないようにしましょう

腸は変化があると必ず何かのシグナルを出しています。便や肌の状態に変化があったら、腸に変化があるのではないかと疑ってみましょう。そして、原因が分かっていない場合は、病院で診てもらうことをためらってはいけません。

最近では内視鏡の検査も一般化していますし、苦痛の無い検査も登場しています。まずは、病院へ行って症状を話してみましょう。

でも、そうならないように、普段から、きれいで健康な腸を保つように、腸に良いコト、腸に良いモノを実践していきましょう。