腸内細菌が小腸の「マクロファージ」を活性化

スポンサーリンク

大阪大学の研究で、小腸内の免疫細胞「マクロファージ」を活性化する仕組みを解明したとのことです。

乳酸菌を摂取し腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランスを良好に保つと、免疫力が高まると言われてきましたが、そのメカニズムはよく分かっていませんでした。

今回の研究では、乳酸菌などがつくる乳酸とピルビン酸が「マクロファージ」の表面にある受容体に結合すると、「マクロファージ」が樹状突起を伸ばして病原性細菌を効率よく取り込み、免疫反応が起きたとのことです。

科学雑誌Natureに掲載されいます。